働く人の笑顔のために

いま、働く人のメンタルヘルスへの意識が高まっています。
また、リモートワークの推進など社会の変化と共に働き方も変化する中で、
社内でのコミュニケーションにも工夫が求められています。

色には一人ひとり個別の、心や体の状態が反映されます。
自分の心身の状態を実感を持って受け取ることは、心の力を回復する最初の一歩。
また、言葉にならない気持ちやイメージを色は視覚化して伝達してくれます。

新しい時代にむけて、価値観の多様性を受けとめ、社員一人ひとりの持つ個性や発想力を
発揮できる働き方のために、言葉だけではなく「色彩」を用いることで社員への理解を
より深められるのではないでしょうか。

にじいろアトリエでは、企業内での色彩アートセラピーの意義を

色を通して自分自身の感情や目標などに気づくことで
1.心身の健康サポート(活き活きとした生活のためのセルフメンテナンス)に加え、
2.自己成長のサポート(自分の能力を活かせる仕事のしかた、自分らしい生き方について考える)
という角度からも有効だと考えています。
さらに、日々変化している自分を受け容れ、付き合っていく力を高めることで、
3.コミュニケーション力のサポート(自己表現の力を育て、対話力をつちかう)
にもつながると考えます。

ぬり絵によるセラピー&自己発見は、表現する事に慣れていない方にも取りかかりやすく、
色によるストレス発散やリラックス効果を楽しみながら、気軽に行なえます。

働く人=おとながまず笑顔になることが、子どもたちの笑顔につながる。
そのために、にじいろアトリエは企業での色彩アートセラピーをご提案します。

⇒これまでの企業等での色彩アートセラピー実施についてはコチラの「活動実績」を
ご覧ください。

色彩アートセラピー実施について

セミナー、ワークショップなどを目的や人数に応じて実施します。
対面、オンラインなど、方法も含めて相談をしながらご提案いたしますので、
まずは一度ご相談ください。

研修テーマの一例:
「色で探る、自己成長~そのために必要なものは?」
「色を使ってチームのコミュニケーションを深める」
「色で心と体のつながりを知って、セルフ・メンテナンス」
「チームの未来を、色で拡げよう!」